腸内環境を整える長沢オリゴ
酪酸菌+ビフィズス菌を増やして腸内環境を整える
キレイ&ゲンキをサポート 長沢オリゴ
長沢オリゴ

玉ねぎやゴボウ、ニンニクなどに含まれる、フラクトオリゴ糖(水溶性食物繊維)が主成分です。

甘みがほとんどない粉末タイプなので、いつもの飲みものやお料理に混ぜて手軽にお摂りいただけます。

腸内環境はお腹の調子、アレルギー、肌荒れに関わるといわれています。フラクトオリゴ糖は、酪酸菌・ビフィズス菌のエサになり、腸内環境を整えます。

長沢オリゴ

内容量:250g
栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー:199kcal/タンパク質:0g/脂質:0g/
炭水化物:96.3g/食塩相当量:0g

1,200円(税込)

長沢オリゴは横須賀市長沢の高齢者を対象とした減塩カフェ「カフェ500」で誕生しました。店主である小柳津広志は2017年秋に糖尿病で体調を崩している方々から「食べ物で体調を回復できませんか」と相談を受けるようになりました。小柳津広志は東京大学で腸内細菌の研究をしていたため、フラクトオリゴ糖が腸内の酪酸菌を増加させることを知っていました。そこで、フラクトオリゴ糖を摂取するよう勧めました。その後、多くの方々の体調が回復し、2018年春になると、これらの方々の花粉症、喘息、皮膚の痒みなどのアレルギー反応が消失することが分かりました。そこで、このようなお悩みの方々の体調を回復するためにオリゴ糖を最適に配合した「長沢オリゴ」を販売することになりました。

こんなお悩みをお持ちの方が購入しています

リピーター様にお聞きしました

お腹の悩み●便秘●過敏性腸症候群●潰瘍性大腸炎
お肌の悩み●アレルギー性の肌荒れ●老人性乾皮症●その他の肌荒れ
アレルギー●アレルギー性鼻炎●花粉症●喘息●その他のアレルギー症状
自己免疫疾患●リュウマチ●その他の自己免疫疾患
その他のお悩み●骨密度が低い●風邪をひきやすい●睡眠が浅く夜中にしばしば目が覚める●血糖値が高い
予防●アレルギーの予防●自己免疫疾患の予防●自律神経失調症の予防●認知症の予防

長沢オリゴの
ご使用方法

1日に朝昼晩ティースプーン1〜2杯程度を温かい飲みものに加えるか、冷たい食べ物の場合は振りかけてお召し上がりください。

よくあるご質問

炭水化物は糖質+食物繊維です。長沢オリゴは食物繊維ですので、糖質はほとんど含まれていません。

長沢オリゴはほとんど甘くありません。うっすらと甘いですが、これはオリゴ糖本来の甘さです。甘味料などは一切入っておりません。
※ティーカップ1杯のコーヒー、紅茶に小さじ山盛り4杯程入れるとようやく甘みを感じる程度です。

長沢オリゴはほとんど甘くありませんので、料理の甘味料として使用するのはオススメできません。

1日の摂取目安量は約10gです。ティースプーン1~2杯(約 3~6g)ほどを3回に分けて摂ると分かりやすいかと思いオススメしています。まとめて摂取してもまったく問題ありません。

大量に摂取すると便がゆるくなる場合があります。便がゆるくならなければ、どれだけ摂取しても問題はありません。

長沢オリゴの主成分フラクトオリゴ糖は米国の『GRAS』の認証を取得していますので、極めて安全な食品といえます。赤ちゃんの粉ミルクやお菓子にも入っていることがあります。赤ちゃんや妊娠中、授乳中の方はもちろん、どの年齢の方でも安心してお飲みいただけます。
※赤ちゃんの場合、1日の摂取量は耳かき1杯分ほどで大丈夫です。

ガスが増えるのは大腸で酪酸菌とビフィズス菌が増えるためです。酪酸菌とビフィズス菌は良い腸内細菌ですので、全く問題ありません。
※朝に摂りますと日中「ガス」に悩まされることになります。これが嫌な場合は前日の夜にまとめて摂れば「ガス」の問題は解決できます。

フラクトオリゴ糖について

文献1 文献2

フラクトオリゴ糖が便秘を改善することについて、これまで発表された論文を総合的に解析してそれぞれの機能の有効性を評価する「メタアナリシス」が行われており、「有効性がある」と報告されています。

文献3

カルシウム吸収と骨密度の改善についてもシステマティクアナリシスが行われており、「有効性がある」と報告されています。

文献4
腸内フローラとその割合

大腸内には1gあたり1兆個もの細菌が生息しています。これらの大部分はFurmicutesに属する細菌で、代表的なものがClostridium属です。次に多いのはBacteroidetesと放線菌群(Actinobacteria)で、それぞれ10%ほどになります。放線菌群のほとんどはビフィズス菌です。残りの細菌はごくわずかしか存在しません。大腸菌群(γProteobacteriaに属する一群)と乳酸菌群(Lactobacillus群)は大腸では利用できるエサがありませんので、生育ができません。たまたま、大腸菌群が増えた場合には下痢を起こします。酪酸菌は多様な細菌群の集合ですが、その多くはFurmicutesに属します。

文献5
腸内フローラの変遷

私たちの大腸には生まれて母乳を飲む前までは大腸菌群がたくさん入り込んでいます。母乳を飲んでいる時期には、母乳に含まれるオリゴ糖(ミルクオリゴ糖類)によってビフィズス菌が90%以上を占めるようになります。離乳をした後はビフィズス菌が減少してFurmicutesと呼ばれる細菌群が増え酪酸を生産するようになります。この酪酸は免疫をコントロールする役割を持ち、免疫力を上げる、食べたものにアレルギー反応を起こさないようにするなどの作用をします。また、酪酸は大腸を動かすエネルギー源となり便通を促します。したがって私たちの体は、離乳後は酪酸菌によって守られていることになります。酪酸菌を増やすものが青果に含まれているフラクトオリゴ糖です。長沢オリゴはこのような自然の摂理である「人と腸内細菌の関係」を理解して作られたものです。この酪酸菌の作用は哺乳類すべてで共通ですので、長沢オリゴは犬や猫でも人と同じように作用します。

参考文献6

【脳に対する作用】
脳に対する作用も酪酸がその作用の中心であることが報告されており、次のような病気に作用するという文献があります。この論文によれば、酪酸は脳に対して4つの作用があると書かれています。
1)ミトコンドリアの活性上昇
この作用により、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病、ハンチントン病、ミトコンドリア病脳障害、副腎白質ジストロフィーが改善される。
2)G蛋白レセプターを介した作用
この作用により、代謝異常症、脳のインスリン抵抗性、パーキンソン病が改善される。
3)ヒストンのアセチル化
この作用により、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病、ハンチントン病が改善される。
4)腸内フローラの安定性
この作用により自閉症が改善される。

参考文献7

販売責任者 株式会社ニュートリサポート

〒 239-0842
神奈川県横須賀市長沢1-32-9 プラザ長沢2F
TEL:046-874-8088

小柳津広志

小柳津 広志(おやいづ ひろし)
1977年 東京大学農学部農芸化学科卒業
富山大学教養部助教授、東京大学大学院農学国際専攻教授等を経て、2003年より東京大学生物生産工学研究センター教授を務める。
2016年に東京大学を退職。現在は東京大学名誉教授。
専門は微生物系統分類、腸内細菌学など。